月読みの森

青の祓魔師 京都不浄王篇 9話

おやん……ゆきおちゃん……おとされようとしているv
だけど?
いきなし回想だねぇ
そんで…憧れると同時に……悔しかったんだってさv
で、なんかしとったらしい
んで、兄は好きで嫌いで、一番嫌いなのは、…自分自身だってv
その頃の兄……不浄王をとりにいったとv
で、兄は……いつもと一緒…なのかなv
やれることをやるっと……でも怖いのねv
そんで……坊ちゃんはやるっとvで、結界完了
ゆきおは……やられかけていて……思わず兄さんといって
届くのねv
こねこさん達は……しまくんが逃げよと言いい、逃げるのか…なv
…うん、命が重すぎるってか
せやけど………見捨てられんとさv
しえみたちも…やると
でもかみきさん胞子にとっつかまって……
しえみちゃんが召喚すると…みーちゃんをv
で、
あ、胞子嚢もそろそろ爆発かなv
あ、
ゆきおちゃんも……目に青い炎宿したよv
そして…………
しまじゅうぞうさんがきたよv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<3月のライオン 20話 | 月読みの森 | 昭和元禄落語心中 助六再び編 9話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |