月読みの森

3月のライオン 20話

島田さん……京都対局編v
いきなし……夢
プロになれなくて、故郷へ戻った夢
別れた恋人とも別れないで
みんなと楽しそうにしている………夢
で、
起きたら現実で……たいきょくがあるっと
あ、陰口たたかれてて……胃が痛むとさv
んで……
対局が始まる……まえに…立ち会いの人がインフルで退場して
代わりにすみすくんが立ち会いにv
でついでに零くんが解説の手伝いをすることにv
…濃い方に圧倒されてますなv
中学生がどうしたとv
で、こんな濃い人達のいるA級には無理無理無理とさvわはははははhv
そんで
対局は進み……攻めるんだけど
そうや名人の反撃が始まり
詰められていったのだが
もう終わりだとみんながいうけど
零くんには盤面が死んでいないと感じられ
待ってと言うけど……出て行っちゃって
最後にどんとおいて…控え室に追いかける
投了なのだけど
かんそうせん?で、「しんらいしすぎ」といわれて…こんな手があったと見せている?
まさにそれ、レイちゃんが打った手で
解説のとこではざわりんこ

島田さんはすぐに戻り
新幹線で居眠りv
レイちゃん…あんたとってもすごいのでは?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<クラシカロイド 22話 | 月読みの森 | 青の祓魔師 京都不浄王篇 9話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |