月読みの森

鬼平 9話

たつぞうさん…剣の道に生きると言われて…
みなさん唖然呆然
でもてっちゃんは…それをよしとし…出会いがあるというv
そして回想v
なんかあるとき……松岡さんって人が来て…先生とにらみあってって
そのまま終わったのだけど
てっちゃんには不満で斬りかかったら……かえりうちっとv
で、憂さ晴らしするのに…実家で金の無心をするけど…お父さんのお言葉………にいろんいろんと思っていたけど……
正妻さんは嫌っているのでいろいろと嫌みを言い…いいかえすっとv
あ、彦さんもきたよんv
んで、放蕩三昧v
そしておまさんとこにころがりこむらしいねぇv
で、盗人になろうとかほざいとりますなぁv
あら、おまさだv
そして道場で…松岡さんのお手合わせv
早速てっちゃん名乗りを上げるv
…も…負けて、本物だと納得し………心酔してるとv
でも…ひねくれてるとかいろいろと考えてるのかなv
で…てっかばのちんぴらどもがてっちゃんの命を狙ったとき…逆歯でその場を治めて…………
てっちゃんとお話をして……………
その後、……真剣になったのだが…
いとこを跡継ぎにすると言われて
笑いだし………
外へ出たら……ひこさんから……盗人の道へと誘われてますよv
んで……その当日……松岡先生に泣かれて…殴られて……って、まつおかさんもやってるのねv
そんで二人をおいて……いっちゃったよv
んで、それを語り……
終わったところでたつぞうさんがもどってきて、
わはははははhv
お父さんしてるてっちゃんでしたv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ひらばマルシェ | 月読みの森 | 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 48話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |