月読みの森

青の祓魔師 京都不浄王篇 11話

りんちゃん剣を抜き………
ぼんはしゅらちゃんが助けるっとv
そして…行けと
足りないのは、自信だけで、居場所は自分でとかv
んでも手こずっている間に…すぐろが倒れて
結界が溶け始め……
どうするっと
そのとき…しまのモツ錫杖から声が?
あら、メフィストさんもなんか言葉を贈っている
それはりんとゆきおどちらに対しても…かな
うん…藤堂も…再生して……ゆきおにいろいろと
あらん…ゆきおちゃん冷静に?
あ、じゅうぞうもだv
で、最後に……?
一応倒したのか
でも彼らも結界の消失を知り、…ほんたいにごうりゅうとさv
ちょっとねv
悩むりんにかるらが?
で、炎の操り方を教えてやるっとさv
そんで人ごと浄化するとv
で、りんはやると
しえみちゃんは…自力でかみきさんをひきはがすとv
あ、そんで……ゆきおが走り……
りんが暴走しかけて……ますが…しえみとかみんなとかの思いが………
制御させて……
浄化して
みんながいくっとv
そして…青のエクソシストの誕生?

炎が収まり……
かるらはさると…おまえはナンだと言葉を残して……

で、もv
りんはりんv
みんなに感謝されて…
喜ぶのねv

で…そこへゆきおがきて
殴ってますなv
心配すぎてかな
でも…………りんは認めたのねvこれが、これも俺だとv
で、倒れて………父さんの夢かなv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<3月のライオン 22話 | 月読みの森 | 昭和元禄落語心中 助六再び編 11話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |