月読みの森

ゼロから始める魔法の書 3話

今回は、町へ入v
で入るときに傭兵はいいんだけど、ほかのはどうしようとしたら
よりにもよって
肉奴隷
そーりゃなぐられるわv

とりあえず宿を探すけど……ねv
そこで
オオカミの獣落ち……しかも奴隷付……を見かけて…いやーな感じに

とりあえず、そいつのおすすめ?の宿へ行きましたとv

……お子様二人は…そのまま寝かせて
傭兵さんは夜の町へv
でも
魔法使いもついてったよv

そこであのおーかみの獣おちさんに…取り替えようというけどねv
だめといいますが
引き下がらないv
そこで魔法使いもいいぞといい、
決闘するけど
さっすが傭兵v強いねぇv
圧倒的に勝っちゃったv
そしてv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<孤独のグルメ しーずん6 3話 | 月読みの森 | ふう>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |