月読みの森

境界のRINNNE3 5話

ということで、
黒星の孫…を、輪廻が鍛えるってさv
……たまこさんが鍛えると、ちっと不安だからとv
んで……一緒にいるところを桜ちゃんと遭遇v
しますが、浮遊霊の処理だってさ
んだけど、いないとかvそれは、ブラックバスクラスのがいたけど、……誰も感知できないのをしたvのは、怖がりですからとv
で、……強制指導…するも……無理で
賄賂を渡そうとするも……たまこさんたちがきて……恐怖症を克服するってさv
……月謝とかねv

で、次は……パパv
なんか金がなくなって……それを探していたらしいが
開運のツボ…の行方を聞こうとするv
で……逃げた
…開運のツボは
…………金が隠してあったツボを割って……ますなv
で……買ったのは、あげはで
お金はいちおうあったのだけど……大家さんに回収されたとv

そん次は、……たけのこ?
ありがたい…虹色のタケノコ掘りの話ですってさv
したらば、……虹色のタケノコが追いかけていると…れんげがとっちゃった
しっかも……今度はくろす六段v
闇に売れば二十万だってv
…って意思があるの?
しっかも……あげはが……煮ちゃったv
でも中は無事で
追いかけっこしてたら…すずが焼いて………
たので……………………
自ら竹になりましたv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ゼロから始める魔法の書 4話 | 月読みの森 | 明日でおわりだなぁ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |