月読みの森

孤独のグルメ しーずん6 6話

今回は高田馬場v

メロンパンを見て、むしやしないやてv
あははははv
届け先は、空手の先生で
なんとデートだってv
んで、待っていたら3時過ぎたとv

とりあえず、肉を求めて??????
うーろうろとv
してたら、ミャンマー、シャン料理だってさv
で、通路を通っておいでおいでv
したら、……変則がきたねv…虫だってさ
あ、で、それはさようならで…いろいろと考えてたら
シャン族の食べ物だってv
んで高菜のいためもの?サラダ、餅米だってv
んで、壁に貼ってあるのをみて、ひかれるっとさv
で、とりあえず、茶葉サラダv…そんで、高菜と餅米v
うまそv
で、おかわりの餅米を…高菜の炒め物にまぜこんでvますなv
あ、そんで、腹6分目だってv
で…壁にはってあるのをってさv……しっかりと春雨と町ガットルけどv
………そんで、やらしいねが……おいしいねだってさ
んで
ばくんばくんv
と食べた後は、揚げパンとミルクティでしめ、かなv
おいしそうv

で、くすみさんは
ふつーのとエキゾチックゾーンから
うまそうだねぇv

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<夏目友人帳 陸 6話 | 月読みの森 | ゼロから始める魔法の書 6話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |