月読みの森

境界のRINNNE3 9話

この世にある六道家の墓
変わった形のオブジェで
鯖缶があり、純金だってさ
ぱぱ、…狙ってるね
その次は…たまこさんの家で土楼棒だってさ
したらばサバトで顔に文様が表れていて………あれをとったらしい
……たまこさんの罠があったらしいね
呪いだから……仏間で謝れと言うことなのだが…いけないっとv
で、一つだけいける道があるから……だけど、片付けできてなくて………
したらば………通帳見つけて印鑑探してガラクタ探しv
してたとこで、印鑑があったら………三世が………乱入v
そこへおじいちゃんの生き霊が来て遅いと連れてかれたv
で、そのあとも探したのだけど……みつからないとv

きっかけは……翼くん…テスト勉強しようとさそいv
ふつうにさそわれてきたRINNEだが……マグロで追い出したv
でも桜ちゃん……友達連れてきて……ますなv
で、そこで…父から宅配来て……知恵の女神のミネルバが来て
逃げたらしいv
友達はソレを捕まえに来たのだが……りんねのを食べて
追いかけっこの始まりv
なのだが………死んだサルで………浄霊したのねv
…………

最後もあの世の三途の川v
かわざらいしとるのねv
あ、そこで六文ちゃん近海見つけてるし
坊ちゃんも千両箱見つけていたv
そこへ飛んできたりんねがもらってv
二人でぜいたくしようとさv
それに六文ちゃん自白するけど………
輪廻ちゃん……からですよv
あらん…かいんの黒猫が横取りしようとするねv
しっかもそれが……争いのネタにv
そんで最後には……六文ちゃんもらうけど
水が増えて…………
ムリデシタットv
あははのはv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<そうじだv | 月読みの森 | 週末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |