月読みの森

孤独のグルメ しーずん6 10話

今日は千葉v
安政に創業した旅館の仕事
んで
鋸山に登ろうとしたが……市場を見たので、まずは食事v

目に入った所に
りょうしめし
という言葉につられて入ったらv
あたりだねv
あじフライ定食
を頼んだのねv
でっかいあじが二尾に
かじめって海藻の味噌汁v
あ、さんがやきってのとつけものと肉じゃがの小鉢がついてるv
今回はそれだけ………
でも…そーすをいろいろと試してるねv
………近くの食堂を思い出すなぁ……そこもうまいのよv
かじめいりのラーメンもあるけど…夜だけだってさv

で、くすみさんは
早速麦酒だってさv
地魚あじ三昧…なめろう、たたき、刺身だってさ
あとは、カジメ入りの醤油ラーメンだってさv特別にってことで
うまそうだねぇ

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ゼロから始める魔法の書 10話 | 月読みの森 | 境界のRINNNE3 12話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |