月読みの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   拍手する
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

戦刻ナイトブラッド8話

織田軍そろい踏みで
ゆづきを渡せと命令するけど
やーだよとv

どなる?
ってそこで秀吉さんとこだってさ
うん、素直な秀ちゃんv
とこに真田軍もどってきてだめだったと……あ、織田軍に連れ去られたらしいね
だけど、軍の立て直しが先だってさ
政宗も一緒v
やくまの話を詳しく話してくれとさv頼んでいるv
で、ゆずきは…………縛られてるねぇ
で、ここにいるのに限り……血を使うってさ
管理は明智光秀だってさv
秀吉は………なんか調べてるね
狸さん……………織田軍の人と接触
ゆづきは………逃げようとするけどねぇv
あ、そこに茶釜が来て、友だちといい…かわいそうな者を見る目で見られ……蘭丸が友だちにってさ
って、ゆずきさんのご飯まで食べていますね
どーなるのかなぁ
って、ゆずきさん蘭丸さんのお手伝いだってさ
で、信長様のお話だってさv
次は信長様とのお話
なんか本を手渡されてるよ
それを話したら…蘭丸さんに驚かれてるとv
ってすっごく崇拝されているねぇ
って、しっかりと落として行ってるね
……光秀さまは………
くらい
けど……一応忠告してくれたのね
秀吉は……
やくまと姫巫女の関連を突き止めるのね
ゆずきとの関連もv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<食戟のソーマ 餐ノ皿 9話 | 月読みの森 | ネト充のススメ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。