月読みの森

魔法使いの嫁10話

いきなし吹雪で
狼が何かを襲っている?
なんだなんだ?っておーろら?
で、ちせは………杖を作れとの使者をもらっとりますねv
んで、エリアスは………いっといでとv
さv
あ、あのとき遊んだドラゴンさんが迎えに来たらしいねv
つーことで、いってきますってさv
うん、で、目くらましの魔法を使ってあっとゆー間にvつきましたv
リンデルさんお出迎えv
なんか、何百年か前に作られたとこだと説明して
木のとこへv
あ、あのおじさんの木だねv
んで、自分で切れと言われて…………頑張っていますねv
で、留守番エリアスのとこへは…カレッジってとこから連絡がv
ちせは枝を切ってきて、トナカイのシチューを食べているねv
って、リンデルさんは癒やしの手ですかv

リンデルさん……今の現状を憂えていたのですねv
でもちせは………家族弐捨てられてしまったので、エリアスの都合のいい人間でいたいとさv
で、リンデルさん
昔語り
むっかし………理をいやがって放浪していた頃エリアスに会ったらしい
てか、行き倒れですか?
てか、どこからきたのかもわからないらしい
そんで、つかれたとさv
で、リンデルの師匠のとこへだってさv
魔法を使って行きますねv
って、師匠、女性ですねv
って、エリアス???????小っさくなってるv
てか……リンデルにというか、師匠に拾われたのねv
そんで、エリアスと名付けられたらしいv
そして………エリアスが始まったのねv
さて
そしてどうなる、ちせ
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<妖怪アパートの優雅な日常 24話 | 月読みの森 | 鬼灯の冷徹 第弐期 10話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |