月読みの森

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   拍手する
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

魔法使いの嫁13話

って
何事?
ちせが………なにか?
で………そのちせ、綿むしってのの毛刈りするらしい
まじで羊の毛刈りですな
魔法的なものの原料になるらしい
で、ちっともらって枕にするとかv

袋を取りに行くとき、ちがう虫がいたら教えてねとv
ですが、話のタイミングというか、ナニをとわからなくなって……無心でやってたら
違うのが現れた
んでなんかちべたいらしいv
って、ゆきむしで、熱を食べるらしい
で暖めるとvわたむしでv
しかも、いないと寒いけどとか………どんな口説き文句とかv
んで………なんかを聞いたねvしたら…いらない記憶だと消されかけ……抵抗vあったりまえv
大事だとさv
で、怖くないのと聞くと……過去の話をv
なんと父が弟を連れて姿を消して……母がちせをおいて、行ってしまったとv
でも家族が好きだけど……おいて行かれたから…
はエリアスが家族だと言ってくれたからとv
で、エリアスはソレを信じるけど
共感ができないからってさ
でもちせがいないとき、寒かったといい、それはちせの言葉では「さみしい」だと
それにおおと
ちせは…やはり子どもなんだとさv
つーことで、一応和解かなv
んで、日常?
そんなある日……さいもんさんが薬をもらいにきたねv
そのときに飲み物を渡すけど……エリアスが最初に渡したのと同じだってさv
で、その夜、誰かが来た
はいのめ?
しかも………狐にかえちゃった?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<続「刀剣乱舞ー花丸ー」 1話 | 月読みの森 | 刀使ノ巫女1話>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。