月読みの森

くいだおれ太郎くん

そういや、今日で「くいだおれ」閉店だったんだ。(ニュースで言ってた)
一度も「くいだおれ」にはいったことないけど、近所はよく通ったな。
阪神優勝の時には、しっかりと鎖で地面に縫い付けて、確か浮き輪もつけて、「泳げません」とアピールしてたのが印象的だったなぁ。
まだ引っ越し先は決まっていないとのこと。
早く安住の地が決まるといいねぇv

あの近所にある、グリコのお店が好きv
でっかいケーキのコロンとか、ポッキーとかv でかくて美味しいんだよなぁ♪



へへへv またやってますv(超ssだけど)
   拍手する

彼女の考察。


ふむ。
あいつが仲間になるか。
まぁ、あいつは馬鹿とは違うから、大丈夫だとは思うが。
半端な想いでは、あの子は任せられんからな。
その想い、如何なるものか見極めさせてもらおうではないか。

ふむ。
ナイトメアの腕は、悪くない。まぁ、四聖剣とよばれるのだから、それくらいは当たり前だろうな。
顔は、(あの子は特に気にしなさそうだが)まずまずか。
一応空気も読めるようだし、他人の言うことも聞くか。
騎士団に来たし、解放戦線にもいたんだから、あの子の考えを否定することもないだろう。ふむ。
あの時ですらあの子を受け入れていたんだから、それは大丈夫…か。
ふん、仕方がない。

「合格だ」
 そう言って朝比奈の頭をぽんぽんと撫でていったC.C.に、ラウンジにいた者達は、唖然とした。
「は?」
 なんのこと? と言わんばかりに皆の心情を代表するかのごとく朝比奈が問いかけるが、そこはC.C.。
 にやりと笑うと、
「まぁ、一人くらいおまけがいないと、あの子が泣くからな」
それだけを言い置いて、上へと消えていった。
「一体、なんのこと?」
「さぁ?」
 後に残されたのは、盛大にはてなマークを飛ばした面々のみ。

 その後、何かをゼロにけしかけては怒鳴られるC.C.の姿が見られたそうな。


つーことで、C.C.一人語りの朝とルルですv
別窓 | 呟き+ss | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ぐりこ・や | 月読みの森 | 七夕>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |