月読みの森

一見ハッピーエンドで、バッドエンドじゃなかろうな。

えと、一応ギアスのことです。
昨日友達(ギアスは見てない)と電話して、これまでのあらすじ喋ったら、そんな不吉な事が思われてしまったのでした。
つまり、話的には日本も解放されて、ブリタニアの現体制もつぶれると。
で、優しい世界に近いモノができるんだけど、ただ、ルルちゃんが不幸になる…ルルーシュの極親しい者もついでにって…。(例えばカレンとかスザクとかC.C.とか)
いや、監督って、ちょうどそういうの見てきた世代じゃないかなーと。例えばザンボット3とか、イデオンとかアクロバンチとかバルディオスとかレイズナーとかダイターン3とかとか。(…なんかいっぱいあるぞ)これらみんなその口でしょ? 一見ハッピーエンドだけど、バッドエンドでしょ。死んでたり行方不明だったり。
ちょっとそれはお願いだから勘弁、ですねぇ。
ホントに、ルルーシュ、幸せになってほしいと思います。
何となく、連続で書いてみましたv



で、またvです。
   拍手する
貴方と共に・5

 枢木スザクと対峙して動くに動けなくなった視界の端で、ルルーシュがそっと辺りを見回すのが見えた。
 そして、何かを考え、決めたこともわかった。
 それに、焦る。
 あの子は、昔から自分を大切にしないところがあるから。
 大切な者(それに自分はぎりぎりでも入っていると、思う。多分)を守れれば、自分のことを後回しにして憚らないのだ。
 そう考えれば、ルルーシュのとる手段(て)が見えた。
 あの子は、俺が捕まるのを由とはしないだろう事は想像に難くない。(というか、捕まる訳にはいかない)
 だが、この状態では動くに動けない。
 逃げれば追いかけてくる。
 そうなれば、藤堂さんや騎士団にも迷惑がかかる。
 倒すのは…無理だろう。
 その辺は何となく、分かる。(悔しいが)
 となれば、誰か第三者が動かなくてはならないが、一緒に見回りに来たあいつには、無理だろう。
 となれば、動けるのはルルーシュのみ。
 あの子が何かを起こして、で、その隙に逃げさせるってのが、ベストだが、それでも弱い。それだけなら、あいつは絶対に追ってくる。
 そうならないためには、あいつが決して動けない状況にならなくてはならない。その状況は、ひとつ…あの子がケガをして動けない。
 そんなことは、許せない。
 これ以上、心も体も傷つくことはないんだから。
 だから。
「ダメだよ」
 そう、言った。
 その言葉の意味は、すぐに通じたみたいだ。
 だって、驚いた表情をしてるから。ついでに、否定の意味も読み取れた。
 うん、気持ちは分かる、分かるんだけど、
「一緒に行こうよ、ナナちゃんも一緒に、さ」
 それが俺の、本音だもん。


朝比奈バージョンでしたv
次か次くらいで終わりかな。


6へ

別窓 | 呟き+ss | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<返信 | 月読みの森 | ギアス14話(たーん14)>>

この記事のコメント

こんばんは

確かにギアスは今のままじゃ完全なハッピーエンドは無理っぽいですね

「いつかまたここで、みんなで花火をあげよう」

↑すでにシャーリーが亡くなって無理になってますしね…

とりあえず今以上の鬱展開に耐える自信はないです…
2008-07-14 Mon 21:24 | URL | 叶 翔 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |