月読みの森

あららん

ちっと日付を間違えてたわv
ということで、嬉しいことがあったから、何かしようと思うんだけど、誰か何かいいアイデアないでしょうか?
へるぷみー


ところで、明日明後日と出勤v
しかもボランティアv
そして月曜日も出勤v
毎日返るのは、夜中近くv
ねたいぞー


とゆーことで癒しのギアちゃんv
   拍手する
貴方だけを愛してる

4-3 ロイド

 うー。
 認めたくなーい。
 認めたくない…けど…。
 分かっちゃったら、認めざるを得ないじゃない。
 こいつが、ルルーシュ様の求める唯一だって!
 それでも、無能だったりしたら、いっくらでも切り捨ててやれたのにぃ!
 でも、こいつは優秀だ。
 しかも!
 しーかーもー! あの腹黒とか狸とか狐とかと同類のニオイがする-!(←自分の事は棚上げv)
 かといって、それを言っても無駄、何だよねぇ。
 だって、ルルーシュ様ってば、お優しいから。
 ついでに、懐がこれでもかってくらい広いんだもんねぇ。
 いや、入り口は途轍もなく狭いんだけど、一旦入っちゃったら、どこまでも受け入れて下さるんだよねぇ。
 僕なんかがその典型だもん。
 最初、なんでかーほんっと、何でなんだろう? あの時が初対面だったし、何か失礼なことした覚えもないんだよねぇ?ー敵視されてたんだよ? それを、アタックしまくって、…たとえは悪いけど、情にも訴えて、しつこくしつこく迫って、漸く仮の騎士に認めてもらえたんだよ?
 んで、そうなったら、しっかりと受け入れて下さった。
 見せてはいないけど、多分、ホントの僕も知ってらっしゃるンだと思う。その上で、受け入れて下さった!(あ、腹黒は別。あれも受け入れてはいるけど、同類だから、ってとこ…かな?←あ、分かってらっしゃったのねv)
 しかも!
 しかもだよ?
 その辺ぜーんぶしって…分かってらっしゃるのにあの無垢さ!
 なんって、素晴らしい!
 この命も含めた僕の…ロイド・アスプルンドのすべては、ルルーシュ様のもの!
 だから、あの方の願いは全部叶えて差し上げたい。
 うん。
 それは、今も変わらない。
 変わらない…ん、だけ…どぉ。
 うー。
 ホントは、「お茶も出さないのー?」って言ってやりたいけど、なんで出さないか、分かるから、なぁ。ルルーシュ様が皇子って事もこいつは分かってて、で、出さないんだって。そう、“毒殺”が日常茶飯事の場所にいらっしゃるって事を。
 …だから、多分、藤堂が来たら、“一緒に”出すんだろう。“毒”は入っていないことを示すために。
 そして多分、ルルーシュ様も分かってらっしゃるンだろう。
 こいつが何もしないその訳を。
 うー。
 有能なのは、認める。
 身体能力も、あるだろう。
 でもでもでもでも!
 ぜったいに、認めたくない!
 …でも、排除はできないし、なぁ。
 そんなことをしたら、ルルーシュ様がー決して非難はなさらないだろうけどー哀しまれる。
 そんなの騎士失格だ!
 でもでもでも!
 ぜーったいに、み と め た く な い ! 
 くすん



5へ

別窓 | 呟き+ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<獣の奏者エリン(アクン・メ・チャイ) | 月読みの森 | needless19話(ポジティブフィードッバック・ゼロ)>>

この記事のコメント

朝比奈さんとルルちゃんの言わずに通じ合っちゃってるとこに、嫉妬満々のロイド氏。。。
ああ、楽しいです♪
素敵です。。。
これからも頑張ってください♪
2009-11-16 Mon 20:43 | URL | 冬華 #-[ 内容変更]
はいv
ロイド氏は、これからももだえ続けます(笑)
でーもー表には出せないとv
それを朝比奈がつついたりして♪(つつきませんよv)
がんばって続き書きますv
2009-11-19 Thu 21:59 | URL | 炎 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |