月読みの森

読んだぞー

ということで、通販で手に入れた本を読んだ。
スザクと藤堂とジェレミアの、三冊。
いや、本編のスザクは嫌いなんだけど、パロの方では、中々いい奴になってるモンで、…。ついでに、ギャグで好きなところもあるんだよなぁ。(夏は、そこ買うんだぃ)
で、藤堂さんのでは、スザクの扱いは酷い…のかな? それも好きなんだよなぁ。(朝比奈も好きなんだが、本になってるの見たことない(T.T)。どっかにないかなぁ~)
1期の時は、結構スザク好きだったんだけど、2期になって、なんだあの矛盾はぁ~になって…。
ちょっと離れてるんだよね。(本編ね)
でも、その本読んで、そう言えばと思ったのは、スザクの扱いがいい場合は、ルルって大抵ブリタニア側で、悪い場合は、日本(というか、騎士団より)なんだよね。まぁ。どうしてもそうなるのは仕方ないかなぁ…とは思うけどねぇ。どっちもが騎士団側だと、寝返りバージョンになるんだよね。

…本編、どうなるのかな?
決戦では、黒の騎士団の勝利で終わって欲しいな。
でないと、日本がぐちゃぐちゃになるし…。
(というか、どっかにあったけど、あの兵器って、核だよねぇ。いくら何でも、それをうったら、だめだとおもうんだよね。日本のアニメで)
えーい。
本が欲しいぞー!



で、おまけのギアちゃんv

   拍手する
なぜですか?



「ねぇ、聞いてもいい?」
「なんだ?」
「騎士団で一番大人なのって、誰?」
「藤堂だろう」
「一番優しいのって、誰?」
「扇あたりじゃないのか?」
「包容力のあるのって、誰?」
「藤堂と、…仙波と卜部あたりがそうだろう」
「頼りになるのは?」
「…藤堂、だろうな」
 で、それがなんだ? との視線の疑問に答えて曰く。
「いや、それでなんで朝比奈さんを選ぶのか、不思議で」
 それは、周囲で二人の会話を聞いていた皆の疑問。
 確かに、朝比奈は悪い奴ではないのだが、何というか……なのである。
 いわく、いいお友達でv タイプのような気がするのだ。
 なのに、現実にはゼロ=ルルーシュとおつきあいをしているらしい。
 なんでだと、疑問に思うのも分かる気がする。
 だが、それに対し、ルルーシュはきょとんとして、
「朝比奈だから、だが?」
 それだけを言った。
 それに、よく分からないと、周囲ははてなマークを飛ばしたのだが、当の朝比奈は喜んでルルーシュに抱きつき、過剰なスキンシップを堪能し始めた。
 ルルーシュ自身も口ではなんやかやと言ってはいるが、心底嫌がっている訳ではないらしい。…というか、単に照れているだけのような…。
 そんな二人を見て、まぁ、当人達がいいならいいかと。
 ついでに、当てられるのはごめんとばかりに、さっさとラウンジを後にした。


「ふん、押されて絆されただけだろう」
とは、某魔女様の言である。 



カレンと、バレ済みのゼロ様の会話…。
別窓 | 呟き+ss | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<豪雨にて | 月読みの森 | いろいろ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |