月読みの森

うふふのふv

フリー小説いただいちゃったv
許可も貰ったので、掲載v
   拍手する
注意
・『貴方と出会った日から』設定
・時間軸は『大人になった君に』の後
・“姫始め”の捉え方は、あくまでも俗説です(笑)
・捏造満載w

以上、同意できる方のみ↓へ・・・




--------------------------------------------------------------------------------


1月2日は姫始め






「ね、ルルーシュ君、姫始めって知ってる?」

「姫始め?」

きょとんとして首を傾げたルルーシュに、朝比奈はニッコリと笑って頷いた。

「そ。1月2日の日本の昔ながらの行事なんだよ♪」

「・・・聞いたことないですね。どういった行事なんですか?」

ルルーシュが訊ねるのと同時に、朝比奈の頭が雑誌でひっぱたかれる。

「~~~~ったぁ・・・。何すんですか、卜部さん、千葉さん。」

「おまえなぁ・・・。」

「何をルルーシュ君に吹き込んでるんだッ!?おまえは!!!」

頭を抱える卜部と、目尻を吊り上げて怒る千葉を見て、ルルーシュはようやく、朝比奈の言っていることが、普通の行事ではないことを悟る。

「・・・省吾さん?俺に、何をさせようとしてるんです?」

訝しげに訊ねられて、出鼻をくじかれた形の朝比奈は苦笑いをうかべる。

「ん~と・・・そんなに警戒しないで欲しいんだけどー。」

「だって、卜部さんや千葉さんの態度を見れば、普通のことじゃないってことぐらい、わかります。」

ルルーシュはそう言って、じっと朝比奈を見つめる。

「う~ん・・・2人っきりの時に言えば良かったかなぁ。ツッコミが入ることを失念してたよ。」

ヘラ、と笑う朝比奈に、ルルーシュはそこはかとなく嫌な予感がして、後ろで聞き耳を立てていた黒の騎士団の幹部達を振り返った。

「・・・あの。」

ルルーシュが言葉を発する前に、扇達は視線を一斉に逸らした。全員、朝比奈に睨まれるのは勘弁願いたいのだ。(闇討ちが怖いから。)

落胆したようにルルーシュは溜息をつき、恨めしそうに朝比奈を見ながら呟く。

「・・・C.C.がいたら・・・いや、でも、日本の行事となると、さすがのアイツも知らなそうだな・・・。じゃあ、カレンか?」

「いやいや。女の子に聞くもんじゃないぞ!!」

卜部がすかさず突っ込む。

「・・・じゃあ、卜部さん、教えて下さい。」

「・・・・・・・・・ぐ。」

教えて良いものかどうか悩む卜部は、何とも言えない表情をうかべてルルーシュを見る。

「・・・そんなに、変なことなんですか?」

不安そうにするルルーシュに、卜部は黙っているのもかわいそうだと思い始める。

「ハイ、ストーップ。そんな上目遣いダメだよ、ルルーシュ君。卜部さんまでオトしちゃいそうな勢いだからねー。」

ルルーシュを後ろから抱え込んだ朝比奈は、卜部を軽く睨み、ルルーシュの視界を塞ぐ。

「・・・はぁ・・・もういい、お前らの邪魔をしようとした、俺らが悪かった。」

卜部は首を振り、手で、シッシッ、と追い払うふりをする。

「いちゃつくなら、余所でやれ。」

「そうしますー。行こ、ルルーシュ君。」

朝比奈はそう言って、ルルーシュから一旦離れると、その腕を掴んで、プライベートエリアへと向かう。

それを見送り、卜部は溜息をついた。

「はぁ・・・余計な世話だったな。既にあいつらはそういう関係なんだし。」

「はぁ。自分も、つい癖で・・・。」

千葉も丸めて握った雑誌を見つめて溜息をついた。



一方、ルルーシュの部屋へとやって来た朝比奈とルルーシュはソファーに隣り合って座った。

「・・・で、省吾さん?俺に何をさせようとしてたんです?・・・まさか、女装とかじゃないですよね!?」

「いやいや、違うから。・・・まぁ、ルルーシュ君が、本来は女の子の方を担当するってのは合ってるけどね♪」

朝比奈の言葉に、ルルーシュは首を傾げて、頭の上に“?”を飛ばす。

「ね、耳、貸して?」

言われるままにルルーシュは朝比奈に顔を寄せる。

「あのね、姫始めっていうのは・・・。」

コソコソ、と耳元でささやかれた言葉に、ルルーシュの顔は一気に真っ赤に染まった。

「・・・・・・そ、れって、いつもやってることと同じじゃないですか///」

「うん。でも、新年お初、だから♪」

「~っつ///」

眼を細め、柔らかく笑ってみせた朝比奈に、ルルーシュは思わず見惚れてしまう。

「大好きだよ、ルルーシュ君。」

「・・・俺も、省吾さんのこと・・・大好き、ですよ///」

頬を染めて言われたそのセリフに、朝比奈も頬を赤くする。

「うわぁ・・・ルルーシュ君から言ってくれるのって、ちょー貴重・・・。」

「・・・新年・・・ですから。」

そう言って俯いたルルーシュの顔を、朝比奈は両手で包んであげさせる。

「じゃあ、改めて。あけましておめでとう。ルルーシュ君。」

「・・・あけましておめでとうございます。省吾さん。」

徐々に顔が近付き、唇が重なりあう。

「続きは、今晩、だね?」

「・・・・・・はい///」


そして、甘い夜が訪れる。


☆A HAPPY NEW YEAR!!!☆

別窓 | いただきものv | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<えええええっと | 月読みの森 | うふv>>

この記事のコメント

掲載していただき、ありがとうございますm(__)m

炎様の小説も楽しみにしてますv
2010-01-04 Mon 11:50 | URL | 冬華 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |