月読みの森

拍手そのご

えへへーv


「えへへへへへ」
「どうしたんです? 省吾さん?」
「えー? だぁって、嬉しいじゃないv」
「えと、なにが、ですか?」
「えー??? 
 だあって、やらないって言ってた踊り子バージョン、やってくれたじゃないv
 ルル君、かっわいかったしv」(思い出して、にっこりv)
「え、えと、そ、それは////」(思い出して、真っ赤にv)
「えへv てことは、アレとか、アレとかもしてくれるのかなv」
(ちょっと鼻の下伸びてる?)
「って、もういやですよ!」(わたわた)
「え? やらないの?」
(へたれた耳と尻尾付きで、じーっと上目遣いv)
「(うっ////)」
「ねぇv るーるくーんv」(抱きつきっv)
「うううううう、か、考えておきます/////」(真っ赤っかv)
「やったv ルル君大好きv」(ちゅv)
「あ、ん…////」(ゆでだこ状態v)


ということで、まーたあるかもですねv



…その時は、そう思ったの。
でも、またほんとに気が向いたらしますv
   拍手する
別窓 | 拍手ss | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<拍手そのろく | 月読みの森 | 鋼の錬金術師42話(反撃の兆し)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |