月読みの森

き…希望を!

ギアスの公式サイトで、相関図の更新があって…びくびくとしながら見たら…
行方不明の四文字が!(五人に!)
えーい、縋れるものには藁にも縋ってやるぅ! 捕まっててもいいから、生きててくれー!
えーん。OPに姿在る限り…(夏の祭りの後がどきどきどき)いや、ローマイヤーはどーでもいいけど、後の四人は是非に! 生存を希望!


そして、ギアちゃんを!↓
   拍手する
初恋談義


「で、ルルちゃんの初恋の相手って、どんな人?」
「「「「「はい?」」」」」
 突発的に何かをするのは、この学園の会長、ミレイの特性ではあるが、流石に今の台詞はあまりにも唐突に過ぎた。
 ので、生徒会メンバー(今日は珍しく、フルメンバーが揃っていたりした)にできたのは、素っ頓狂な声(勿論ルルちゃん除く)を上げることだけ。
「会長、突然何を」
「いやぁ、だって気になるじゃなーいv」
 のう、皆の衆v
 そう言い切るミレイは、最強だ。
 ふと周囲を見ると、いつの間にやら復活した面々も、興味津々とばかりの視線(約一名、なんか違う感じがするが)を送ってくる。
 なんで…とは思うが、これで逃げ道はないと言うこと。
 はぁ…と、小さくはない溜息(当然、嫌みだ)をつきつつ、しょうがないと腹を括る。
「…で、何を聞きたいんです?」
 その答えに、ミレイはぱっと表情を輝かせ、
「言ったでしょv 初恋相手だってv」
と宣った。
 その言葉の裏には、言っとくけど、ナナリーちゃん(家族への愛情)じゃないからねーんv という言葉がしっかりと透けて見える。
「で?」
 それに、まぁいいか…と思う。どうせ彼らは知らない(一人知ってはいるが、名前を出さなければいいだろうと思った)んだし。
 そして、何を聞きたいんだと、続きを促す。ただし、一人一つにしてくれと言うのは、忘れずに。
「じゃあねぇ、ずばりその相手がどんな人か!」(byミレイ)
「…そうですねぇ。一言で言えば、大人で子ども?」
「なにそれ」(byカレン)
「…一応大人としての常識とかその他諸々はあるんだが、なんというか、根本的なところで子どもっぽいと言うか。時々暴走するというか…」
「危ない人?」(byニーナ)
「いや? 優しい人だよ」
「ふぅーん(ま、いいか)」(byミレイ)
「あ、じゃ、てことは、その人は年上?」(byシャーリー)
「ああ。たしか、20歳だったな」
「え…(僕じゃないんだ…。お兄さんの誰かかな?)」(byスザク)
「ルルーシュ、幾つん時?」(byリヴァル)
「9…10歳だったかな」
(あら、てことは、日本に来てた頃なのね。と言うことは、あの人かしら)
「ど、どこの人?(って、その頃、もう日本にいたよね…。誰だ?)」(byスザク)
「んー。近所に住んでた、お兄さん?(…まぁ、間違いではない…な。住んでないけど、いたし)」
「おにい…さん?(って、まさか、あいつか?)」(byスザク)
「へぇ…てことは、学生かなんかしてた人?」(byカレン)
「学生…といえば、学生だな。(士官学校だが)」
(あー、やっぱりか。なら、これ以上はダメかなぁ…byミレイ)
「えっ、って…(やっぱりあいつか? でもでも、あいつは今…)」
 そこまで聞いて、ある程度以上に事情を知っているミレイは、その人のことをこれ以上話すのはダメだろう。
 そう思い、
「そうなんだぁ。いい思い出だよねぇv」
と、話を切ろうとした。
 それに、とある一人を除く面々は、それもそうだと、これ以上は踏み込んではダメなんだとどこかで悟って、そうだねと引き下がろうとした。(ついでに、これはあくまでも初恋…すなわち昔のことだと思っていたりした。だれも、現在進行形だとは、思っていなかった為もある)
 だが。
 空気の読めない某氏は、しっかりと自分本位に論を展開し、証明も何もかもをすっ飛ばして結論に達した。
 そして、叫んだ。
「ダメだよ!」
と。
 他の誰に通じなくとも、ルルーシュには分かると思って。そんなテロリストに与している奴なんて、ダメなんだと。
 結果から言えば、通じた。
 だがしかし、某氏の思った展開にはならなかった。
 すなわち、皇子様はいい加減、某氏のこれまでの言い分には頭に来ていたりした。
 そしてミレイ達の質問に答えながら、初恋のお兄さん(笑)への好きだという想いを再確認していたりした。
 ついでに、この恋は(本人はおろか、誰にも言ってはいないけれど)現在進行形だったりした。
 そんな恋を否定されたのだ。
 キレないはずもない。
 結果。
 にっこりと、それこそ老若男女、誰もがが見惚れる笑みを湛えて、言った。
「大嫌いだよ、スザクv」
 後には、燃え尽きて灰になった某氏と。
 たまったストレスをすっきりと解消して、優雅に紅茶を飲む学園の王子様の姿があったそうな。


 教訓。
 人の恋路を邪魔する奴は、馬に蹴られて死んじまえ。



お兄さんとは、朝比奈さんv
えーん。書く気力をー!プリーズ!
別窓 | ギアス感想+ss | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<いーろいろv | 月読みの森 | 第二次東京決戦(ギアス18話 ターン18)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |