月読みの森

癒しがほしい!

だってー
いろんな事がどかりと起こるんだもん。
何であんなことするの?
なーんであんなこというの?
あんなことしてりゃけんかにもなるわよ。
ほかにもねぇ?
ちょいっと癒しがほしくもなるよー
と言うことでv
   拍手する
君がため




 ………呆れた。
 ほっとほとに、呆れちゃったよ。
 いや、千葉さんからの情報を聞いた俺の感想が、これ。
 だってさぁ、扇とかは元々素人だから、まぁ少しは情状酌量(ホントは、だめだけど、ねぇ? だって、あんだけゼロの傍に居て、そのやり方、見てたんだよ? でもまぁ、元は教師だとか言うし、妥協しよう)するとして…、軍人である千葉さん、んで、藤堂さんもその場に、いたんだよね?
 いや、元々ゼロに対して疑いをもってたの、知ってるよ?(俺もそうだったから…ねぇ。あ、でも一応、藤堂さんは、「信じろ」とかって言ってたんじゃなかったけ? なのに、これぇ?)
 でもさぁ! 
 なんっで、“敵”の情報、鵜呑みにするの? 
 ゼロが皇子だったってんなら、こいつもでしょう!
 しかも、信憑性(ま、あいつの用意したものなら、一面は、事実ではあるんだろうけどねぇ?)を確かめもせずに! 
 まぁねぇ。あいつが相手じゃ、ある程度はしゃーないとはいえ、あまりにも情けなさ過ぎる!
 しかも、どこにも…神楽耶様とか、総司令とかにも言ってないって、どういうこと?
 ………ここまでの情報を仕入れた時点で、俺は決めた。
 いや、あの時間を過ごした…“ルルーシュ”を知ってから決めてたこと…ルルーシュを、その心を守ることをしようって。
 そのためには、準備が必要だよ、ねぇ?
「どこで、するの?」
 だから、そのための布石を置こう。
「ああ、人目につくのは不味いからな、4番倉庫で、だ」
 あ、一応後ろめたいのかな? なーんて意地の悪いことを考えるけど、そんなことはおくびにも出さないv 
 とりあえず、千葉さんの知る“俺”は、ね?
「ナイトメアの配備は?」
 だから、それに沿った…でも、今の俺の目的に合致できる様に誘導しちゃおうv
「んじゃ、俺、それに乗ろっか?」
 生身だけじゃ大変でしょ? と、何時もの俺が言いそうなことを言う。
 ま、結果として、当然ながら、俺は無頼ーだって、俺の、壊れちゃったんだもんーで待機することになったけど。(とーぜん、その時ちょいっと仕込みをしちゃってたりしてv)
 で、現場へ行ったんだけど。
 ………あの、何か、情けなくなっちゃった。
 いや、これに参加するって決めたときからそう思ってたんだけど、更に情けなさが倍増したというか何というか。
 まぁ、ねぇ。ギアスとか言う不審な力に関して糾弾するのはいーんだけど、さぁ。
 駒扱いが不満って、なに、それ? 俺等がしてるのは、戦争だよ? 軍人なんて、駒にならなきゃ、戦争なんてできないっしょ?
 それがイヤなら、戦わなきゃいいんだよ!
 あーあ、それに、そんなこと言ったら、余計に…って、それも計算のうちかなぁ? 何かさっき、視線があいつの方にいってたから。
 ま、でも。
 そんなことばっかりは言ってられない。
 だって、ねぇ?
 ルルーシュの嘘なんて、バレバレじゃん? あれって、絶対紅月さんを庇ってるんだよね?(だって、一緒に撃ちかねない勢いだし)
 なのに、なーんで気がつかないかねぇ?
 あーあ、でも、これ以上はダメだよね。
 ので。
「ねぇ、最後に一つ、聞いてもいいかなぁ」
 そう言って、カレンが口を開き何かーたーぶーんー騙してたのか、とか、そんなことを聞こうとしてたんだよねぇ?ーを言おうとするときに遮った。
 だって、ルルーシュなら、絶対言うじゃない? 嘘を、紅月さんを助ける為に、さぁ。
 でもそんなことしたら、あいつの思う壺だし。
 だから、ね?(あいつにも俺のことバレルかも知れないけど、騎士団が自主的にやったって事にしたいなら動かないだろうし♪)
 で。
「なーんで、ここにいるの?」
 言っちゃったv




10へ




別窓 | 呟き+ss | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日 | 月読みの森 | ぶりーち 59話…かな?>>

この記事のコメント

朝比奈さん~~!!!
もっと、言っちゃってください!!!

よし!ルルを守るために動く朝比奈さんが、
とうとう見られるんですね!!

応援してます!!!

頑張ってくださいねぇ~~v-238
2010-02-19 Fri 21:07 | URL | 冬華 #-[ 内容変更]
はいv がんばりますーv
俺が、ルルを護んなくちゃ、だもん♪
だって、恋人だしv

ということで、次回もv



……朝比奈が暴走いたしました。(炎)
2010-02-20 Sat 17:25 | URL | 朝比奈 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 月読みの森 |