月読みの森

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 48話

あらん…ものごっつ大量の人員が配備されたらしいねv
らすたるさん、大義を示すってさ
まくは…ミカとお話????
で、オルガ達は…生き残れとさv
みんなは…オルガを支持するのねv
とりあえず、脱出だってv
マクは…一人で目的のためにでるが……それを利用してくれてかまわないとv
いいねぇv
アトラとクーはでるってさ…いやというけど、くーに説得されて……行くことにしたとv
最後は、ミカとオルガの会話v
チューことで、フラグ建立vミカの銃を借りて、「必ず返してねv」
ふーらーぐーーーー
そして…作戦開始かなv
くじゃん公さんは動くっと
で、その挑発をうけて…マクもいってv
そのすきに……オルガ達は……いく…突破成功v
ってことで、正午に突破するってさ…あららん
てっかだんは……追い詰められているのね
だけど、……降伏勧告はされてないしとさv
で、まかないさん……たかきもいるv……地球へ行けば…なんとかなるってさ
で、あじぃーさんからも運んでやるよとさv
いけるらしいv
んで、オルガ最後に……クーさんとお話しして
で、外に出たとき………いきなし撃たれて……団員をかばって………
撃たれて
血を流して………ますが
歩き続けようとさ
そして倒れる

   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クラシカロイド 23話

さってと今回は?
バッハさん、意味深にどこへ?
8音増幅装置だって
で、二時間後に始動だってさ
……日本語しゃべる…バッハに二人は驚くねv
で、やるのは、8人のクラシカロイドがムジークを奏でて??????
リストはピアノを弾いてるところを
モツは遊んでるとこ
ベトは釣りの時
シューちゃんはラップして歩いてるとこ
ショパンちゃんは引きこもりの所を…
だけど、みんなムジークで逃れてるのかなv
だけど、みつるちゃんみつるロイドを紹介しとるけどねぇ
あら、クラシカロイドさん、お払い箱ですか
おとなしかんでは情報共有v
…してるとこへちゃいこちゃんとばたこさんも来てますが
……お払い箱になったので、好きにするとか

着々と進んでいってますな計画v
んでついに始動したv
そーすると………世界から音が消えたのね

そこで音楽を開放してますな
したらば、カツラをかぶって……バッハ化
これは…みつるさんの独断らしいね

それをおとわはかせは…止めようとするも…電気止まったらしい…
おとわかんにみんなが来たのね
だけど…いったん収まっても…次々とくると
あら
一人取り込まれてるv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

3月のライオン 21話

はじめはほーのぼのと
三姉妹のお花見v
話題に出てくるのは、レイちゃんv
島田プロと一緒に山形へと行ったらしい
人間将棋をするんだってさv
でも雨男島田のせいであめv
負けたことをなじって欲しいなぁとか思っていたのを、…雨男をなじられてまっすv

二階堂とも一人で対戦して
二階堂勝ちv
んで
百人差しをしたのだが
島田さんが作った将棋のメンバーが強くって
会長びびびいびびbv
で島田さんが相手するのだが
過疎化の進む独居老人達のためにクラブを作り
特産物を売れるようにしたとv
さv
そんで三姉妹の方は……新しい和菓子を考えていて……
ひなちゃんが考えただるまさんv
かわいv
なんか和菓子職人になりたいなぁとかおもっっていますよv

れいちゃん、お土産もっておたずねv
ほこほこv
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

青の祓魔師 京都不浄王篇 10話

おv胞子が破裂したv
そんで
心臓が見えたっとv
本体ねv
あ、そんで瘴気がきつすぎて……結界の外に退避しようとしたところで…本体を見つけちゃったよん
でも、一応避難とv
あ、藤堂の方は…………じゅうぞうたちがv
んで戦うけど……
あらららっらん…敵ではないと…………
でも…ゆきおが考えたことで…憑依対の限界が来て……
ハイになり……雨に溶けて……いっちゃったとv
でも……藤堂は……まだまだってさ
しまとこねこまるはしゅらさん……とこへ行き、……しゅらさんはりんたちのもとへv
しえみちゃんもたたかっとる
あ、ぼんもだねぇv
んで……結界は…15ふんそこそこやて
くろもいくけど
そこにいっても…刀は抜けなくて
焦るりん
だけど……逃げろというぼんに
タワーの話して……
がくがくやけど………
ボンに力与えて
友達やとさ
で、時間をとったよv
んで
りん…刀をぬくっとv
そして青い火で不浄王を……焼き尽くし……?
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

昭和元禄落語心中 助六再び編 10話

飴竹亭の火事の後
なんと火元不明だってさv
んで
いろいろと……暗くなってますがねぇ
先生は相変わらずで……
亭主さんは……八雲さんを思う
それが冬で
あっちゅー間に…春v
姉さんは…喫茶店のバイトだってv
あら、で、団子ブームで……妊娠だってv
あらん、よたちゃんは…ラジオで落語ですってさv
で、それ………に行く電車の中で……新作落語…の話をするも……
師匠の目の黒いうちは新作しないっと
背中を見てるのが好きだと
別の道を…同じ方向に歩いて行くとv
超えるもんじゃないとさv
で、
その落語…を聞きながら…
あねさんは…八雲のお世話v
そんで、…人を教えてくれたのが…みよきちさんで、落語を教えてくれたのが…助六さんv
彩りを与えてくれた二人だってv
あのとき、一緒に死のうとしたけど…一生かけて心中の償いとか
おまえがいたから…後悔してる暇もなかった土佐v
って、あねさん、あまえてえるのねv
で、落語…のざらし…を聞きながら…時間は流れるっとv
あ、その間にぼっちゃんが一緒にやっとるねv
あらん……
んで…あねさん…弟子にしてくださいってさv
そんで、了解もらってますv
で、最後に、また助六登場
冥土へいったのか
   拍手する
別窓 | 感想 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 月読みの森 | NEXT